【受験対策】優しい問題をを迅速に解くのが鍵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gatag-00011680

やさしい問題がたくさん出たら”タイムショック”方式で行け

 知識を問うだけの単純な問題は、制限時間が短めに設定されています。満点をめざさなくていいから、解ける問題だけリズムに乗って答えていきましょう。
 一つ一つの設問はやさしくても、それが100問以上も並んでいるような試験があります。たいていは基本的な知識を問う問題だから、全体を見渡すまでもなく最初の問題から答えていくことになりますが、こういう設問は時間配分を間違えると思わぬ失敗をする可能性があります。
 というのは、わかっているはずなのに答が浮かばないとか、いま一つ判断に自信がないといった問題がときどき出てくるからです。そこでつい考え込んでしまうと、たちまち時間が足りなくなります。
 そういう場合は、「タイムショック方式」で乗り切るしかありません。とにかくリズムを守って答えていき、つっかえる問題は飛はしでいくことです。最後までひと通り答えることで取りこぼしをなくし、残った時間で空欄の部分を埋めてください。

「1点の差」に敏感になれ、そこで合格・不合格が分かれる!

gatag-00000644
 合格最低ラインに達しなかった人はすべて、不合格になります。ということは、たった1点差で明暗が分かれるのです。試験中はこの事実を忘れないでください。
 試験中に「これなら大丈夫だ」と自信をもつ人もいれば、「ダメかもしれない」と自信をなくす人もいます。どちらであっても試験が終わるまでは点数が確定しないのですから、1点でも2点でも上乗せをめざすべきです。
「大丈夫だ」と思っていても、つまらないミスがあるかもしれません。「ダメかもしれない」と思っていても、答を記入していない箇所があります。できたはずの問題も見直しが終わっていません。試験時間が残っているかぎり、やることはたくさんあるのです。
 そこでプラスされた1点が、あなたを合格ラインに届かせることになります。300点満点の200点が合格ラインだとしたら、199点と200点の差はあまりに大きいのです。試験が終了するまで自分の点数はわかりません。
 いま諦めてしまえば199点どまりの可能性もあります。とにかく1点を大切にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加