大阪天王寺のある学習塾が教える「分散学習」は一夜漬けに勝る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分散学習
記憶の研究でもっとも古くからある学習テクニックの一つは、もっとも強力かつ信頼性が高く、使い勝手がよいものの一つでもある。100年以上前から心理学者たちのあいだで知られ、外国語の単語、科学用語、概念、公式、楽譜といった暗記する必要のあるものの学習を深める効果があると実証されている。
にもかかわらず、教育の本流では無視され続けてきた。学習カリキュラムに組み込んでいる学とはいえ、平然と聞
校は皆無に近いので、このテクニックを知っている学生もほとんどいないき流していた母親のアドバイスに、次のようなものがあったのではないか。

天王寺のある塾が教える分散学習、分散効果とは

「ねえ、一度に全部勉強するより、今晩少し勉強して明日もまた少し勉強する方がいいんじゃない?」
じつはこのテクニックは、分散学習や分散効果と呼ばれている。一気に集中して勉強するのと、勉強雕時間を「分散」するのとでは、覚える量は同じでも、脳にとどまる時間がずっと長くなるのだ。!母親のアドバイスは正しい。今日少し勉強し、明日また少し勉強したほうが、一度に全部するよりいい。そのほうがはるかにいい。場合によっては、後から思いだす量が2倍になることもある。詰め込みは無意味だと言いたいのではない。徹夜で勉強することの効果は、翌日の試験の点数が向上するという記録が昔からあるので実証ずみだ。ただし、前夜のラストスパートの信頼性に#sついては、荷物を詰め込みすぎた安物のスーツケースみたいなところがある。入りはするが、し|ばらくするとすべて落ちてしまう。る学習の研究者によると、一気に詰め込む勉強を習慣にしていると、新しい学期を迎えたときに、#成績がガタ落ちする可能性があるという。それをした学生は、「次の学期が始まる頃には、前のẽ学期に覚えたことを何一つ思いだせない」と、ミズーリ州セントルイスにあるワシントン大学の
心理学者、ヘンリー・ローディガー山世は私に話してくれた。「その授業をとったことがないかのような状態になる」
分散効果は、新しいことを覚えるのにとくに有効だ。たとえば、電話番号かロシア語の単語が

試験でも良い成績を残しやすい

塾のテスト
この方法は塾のテストでも学校のテストでも効果が出ている。

8個並んだリストを2種類用意する。一方のリストはその日と翌日にm分ずつ覚える時間を設け、
もう一方のリストは翌日に10分かけて覚える。そして、1週間後に両方のリストをどれだけ覚えているかテストする。明らかに違いが現れるはずだ。ただし、なぜそうなったかははっきりとはわからない。私は、分散効果と聞くとロサンゼルスでの芝の手入れを思い浮かべる。ロサンゼルスは海沿いにある街だが、湿度が低く雨もほとんど降らない。そして、この街には芝を美しい状態に維持する慣習がある。私はそこに住んでいた7年のあいだに、芝の緑を維持するためには、週に1回1時間半の散水よりも、週に3回10分散水するほうが効率的だと学んだ。芝を水浸しにすると、翌日は芝が多少活き活きしたように見えるが、その輝きはすぐに失われる。一方、数日おきに適量の水を与えていれば、隣人に会っても伏し日がちにならずにすむ。水の量は、週に1回のときと
同じか、それよりも少なくすむ。分散学習もこれと同じだ。勉強時間を分散させるからといって、
勉強時間は増えない。より多くの努力が必要になるわけでもない。にもかかわらず、覚えたことをより長く記憶にとどめておけるようになるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加